TOP > インタビュー > 現場が楽しくてしかたない!

現場が楽しくてしかたない!

みずたま介護ステーション上尾
登録ヘルパー
久米原 譲二

「介護職を目指したきっかけ」
 寝たきりのおじいちゃんの介護をおこなっていて、この仕事向いてるかもと気づいて、介護福祉士の専門学校に入りました。 就職したのは老人保健施設で4年働きました。人手不足で夜勤がメインでしたが、現場が楽しかった。
「訪問介護へ転職した理由」
 老人保健施設で働いて4年も経ってから、介護福祉士の資格で色々な仕事が出来ると知って、調べた中に「相談員」があったのですが、施設以外何も知らないのに「相談員」ってどうなんだろうって思いました。介護の様々な分野を知ることが出来るのは在宅介護だろうと思って転職しました。
「お客様に向きあったコミュニケーション」
 訪問介護は施設とかけ離れていて個別ケアのため、気の遣い方が全然違いました。 最初は変な緊張感があって余裕がありませんでしたが、ケアプランに則って行なうだけでなく、お客様やご家族に確認しながら行なう介護が新鮮でした。 仕事に向き合っていると感じています。 コミュニケーションは簡単ではありません。介護されている方が「○○して欲しい」って口に出すのは大変なことだと思うんです。ヘルパーへの遠慮もあると思うし。だから言って頂けることはとても有り難いことだと考えています。
「今後目指すこと」
 来年5年になるのでケアマネジャー試験は1発合格を目指しています(笑) とにかく今は、現場の介護が楽しくて、続けていきたいと思っています。ぼくらの世代で訪問介護をしている人はまだ少ないと思います。僕が真面目に行なうことで訪問介護の印象を変えていきたいと思っています!

※ インタビューの内容は取材当時のものです。