TOP > インタビュー > 認知症になっても、ターミナル(終末期)になっても最後まで寄り添える場所。

認知症になっても、ターミナル(終末期)になっても最後まで寄り添える場所。

ケアスタッフ
高田 和美

選んだ理由
“認知症になっても、ターミナル(終末期)になっても最後まで寄り添える場所。”
両親が共働きで、祖母の家に預けられることが多かったこともあり、幼い頃から大のおばあちゃん子だった私。将来はご高齢の方々のためになる仕事に就きたいと考え、大学も福祉学科を専攻し、介護の道へ進むことに。
 就職活動では介護用品メーカーを含め、色々な会社の説明会に参加していましたが、徐々にご高齢の方々と24時間関わりをもち、生活に身近なところでお世話できる有料老人ホームに興味を持つようになりました。
その中でも、東京海上日動ベターライフサービスを選んだのは、「老いて豊かと語れる暮らし」という理念と、それを実践するためにゆとりある人員体制を取っているところ。
 先輩達が語っていた「認知症になっても、ターミナルになっても、最期まで寄り添う」という言葉に惹かれました。
やりがい
“日々の何気ない会話にも幸せを感じられるところ。”
たとえば、ケアの合間にご入居者と交わす「今日はいい天気ですね」という言葉。
ありふれた会話かもしれませんが、私はそこにやりがいを感じます。
なぜならご入居者にとって、ヒルデモアは日常生活を送るための「家」です。
 昨日と変わらない今日や、何もない一日を送って頂くことも、私達の大切な役割なのです。
ヒルデモアではご入居者によりよいケアを提供するため、ケアスタッフが担当でつく「コンタクトパーソン制」を導入していますが、上記したような何気ない会話を積み重ねることで、その信頼関係を培うことができます。
 初めて受け持ったご入居者やご家族の方々から「何かあった時は高田さんに」と頼ってもらえるようになった時は、すごく嬉しかったですね。
一番印象に残っていること
“はじめて、最後まで寄り添った。”
入社して間もない頃。あるご入居者がターミナルの状態を迎えられました。
 他の施設なら、きっと病院に搬送されている状態ですが、何よりご入居者の意思を大切にするヒルデモア。「ここにいたい」という強い意向もあって、そのまま過ごされることとなりました。
それまで私は幸いなことに、家族親戚など近親者が亡くなるという事態に遭遇した経験がありませんでした。親しい方が衰弱する姿を目にするのはそれが初めてのこと。どうしてあげたらいいのか分からず、無力さを痛感させられました。
 亡くなられた後、ご家族の方から「ありがとう」という言葉をいただいた時は、本当に胸が痛かったです。この仕事では、別れは避けて通ることができません。
ただ、どんな些細なことでも、常に「何か自分にできることはないか」それを考え続け、最期まで寄り添っていきたいです。
今後の夢・目標
“ご入居者の相談にものれるケアスタッフになりたい。”
ご高齢の方とお話して、少しでもその力になりたい。その一心で大学時代には社会福祉士の資格も取得しました。
 様々な事例に対応するケースワーカーの勉強もしました。
 現在では、担当のご入居者のみのご相談にとどまっていますが、今後はケアの経験に、大学時代に学んだことを加えて、ヒルデモアに暮らすご入居者皆様の相談にのっていけるようになりたいです。

※ インタビューの内容は取材当時のものです。