TOP > インタビュー > 施設ではなく「家」。 人生に寄りそうケア。

施設ではなく「家」。
人生に寄りそうケア。

ケアスタッフ
小久保 ゆめ

選んだ理由
“施設ではなく「家」。
人生に寄りそうケア。”
東京海上日動ベターライフサービスに惹かれたのは、就職活動時、偶然訪れた説明会がきっかけです。
 先輩社員が「ヒルデモア、ヒュッテは介護施設ではなく、あくまでもご入居者が日々生活するための家。
ケアスタッフの仕事は、ご入居者が少しでも笑顔で過ごすためのお手伝いをすること」とおっしゃられていたのに興味を持ちました。
それまで、他の大手企業もたくさん受けていましたが、そういう風にご入居者本位のケアに取り組んでいるところはあまりなかったように思います。
ここなら単に流れ作業でケアをこなすのではなく、ご入居者一人ひとりの「どうしてきたのか(それまで歩んできた人生)」「どうしていきたいのか(これから歩みたい人生)」意思に寄りそったケアができそうと思い入社を決めました。
やりがい
“「すべてに意味がある」と考えるご入居者第一の姿勢。”
たとえば、深夜徘徊している認知症のご入居者がいらっしゃったとします。おそらく他の施設であれば「危険なのでやめさせよう」ということになるでしょう。
でも、当社ではそんなことはありません。深夜徘徊は確かに危険な行為ですが、もしかしたら、ご入居者にとってはそうせざるを得ない理由があるかもしれません。
 不安で眠れないのかもしれません。お手洗いを探しているのかもしれません。
 大切なのは、業務効率や施設の都合ではなく、ご入居者を第一に考え、どんなことにも意味を探そうとすること。
 今は入社したてで、ご入居者の要望を満足にかなえてあげられているとは言えない状態ですが、日々、どうしたらご入居者の暮らしが良くなるか、常に考えるよう心掛けています。
一番印象に残っていること
“「最初はできなくて当たり前」
先輩の言葉に救われた。”
当社では、常にご入居者の立場に立って考える仕事柄、後輩に対しても「どういう風に説明したら分かりやすいか」一人ひとりの立場に立って、思いやりを持って接してくれます。
たとえば、私の場合。入ったばかりの頃は、日々、学ぶことだらけで手一杯の状態。
 「ご入居者を不快にさせているのではないか・・・」そんな思いにとらわれ、何をしても上手くいきませんでした。
そんな時、先輩からかけていただいたのが「最初はできなくて当たり前。まずは早くやるよりも、丁寧にやることだけ考えればいいから」という言葉。
すごくほっとしたのを覚えています。また、それ以外にも「ケアに正解はないよ。あせらないで」という言葉も頂きました。
 本当に優しく、温かい方ばかりです。人間関係にはすごく恵まれた環境だと思います。
今後の夢・目標
“ご入居者全員のことをもっとよく理解したい。”
入社してから私自身がしてもらったように、後輩スタッフに優しく丁寧に教えてあげられる、そんな先輩になりたいです。
 知識や技術については正直、まだまだ未熟な状態ですが、たとえば後輩スタッフから「この方はどんな方ですか?」と聞かれた時、「こんなお話をすると喜んでいただけるよ」なんて教えてあげられるようになりたいですね。
そのためにも、担当に限らず、フロア全体のご入居者ともコミュニケーションをとっていきたいです。

※ インタビューの内容は取材当時のものです。