TOP > インタビュー > 大好きな介護の仕事を続けていきます。

大好きな介護の仕事を続けていきます。

みずたま介護ステーション元住吉
サービス提供責任者
佐々木 恵子

「社内の経歴および社員登用制度に対する感想」
 みずたま介護ステーションに入社する3年ほど前は他の事業所で訪問介護の仕事をしていました。入社時には研修制度が充実していること、サービスに入る前には事前説明があり必ず同行訪問をすることから安心して働ける職場だと感じました。
 2006年6月に下高井戸ステーションの登録ヘルパーから始め、4ヶ月後の10月には常勤のヘルパーとして勤務するようになりました。当時はお客様に安心してサービスをご利用いただけるよう介護技術のスキルアップに励みました。
 2008年8月に自由が丘ステーションに異動になり、その後段階的に昇格しました。訪問介護計画書の作成担当として初めて自分のお客様を担当することができた時は大変嬉しく思いました。さらに1年後に今の役職に昇格し現在に至っています。今はサービス提供責任者として常に働く人の気持ちを考え、ヘルパーさんが気軽にステーションに立ち寄っていただける環境が作れるよう心掛けています。
「現在の仕事のやりがいと魅力」
 訪問介護スタッフおよびケアマネジャーとの連携をとても大切にしています。お客様の情報の共有には常に気を配っています。
 体調の良くなかったお客様に回復の兆しが見えたり、笑顔が戻ったりした時には心から喜びを感じます。これが今の仕事のやりがいと魅力です。
「将来のキャリアビジョン」
 将来は包括的な役割を担うケアマネジャーを目指します。その時の環境等によって考え方が変わるかも知れませんが大好きな介護の仕事は続けていきたいと思っています。

※ インタビューの内容は取材当時のものです。